スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戦いが消えた!

さっき私の中から何かが消えた。そしたらハートチャクラと喉のチャクラから何かが湧き出てきて涙が止まらなくなった。

すると、「ママ、そのままでいいよ。」と言って美香が抱きついてきました。ちなみにこれは意識じゃなくて普通の会話(笑)

昨日、悟りクラスである女性がそれまでのキリッとした感じとはうってかわって、幸せで満たされたやわらかい表情で語りました。「旦那は敵じゃないって思えたんです。そしたら旦那の態度が変わってきた。今まで私がやっていたのは奉仕で、与え合う関係じゃなかった。」

そして今日は、夫婦で悟りクラスを受けている方から、二人が安心し合える関係になれたという報告のメール。

みんな諦めないで真剣に向き合っているのを見てきたから、なんだかとってもうれしい。

私の中から消えたのはたぶん「DNAレベルの男性性と女性性の戦い」だと思います。対極のものが解り合うには違いによって生じる不満や疑問をとことん突き詰めて解ろうとする必要があります。これを完全解決するのは本当に大変でした。でも、こんなに平和で優しい気持ちになれた。

辛抱強く向き合ってくれた夫に…ありがとう。







スポンサーサイト

☆子供に決めさせる

もうすぐ2歳半になる美香はとってもおしゃべり。二人でベッドにもぐって遊んでいると、唐突に「一緒に宿題やったね。」と美香。「これから宿題やるの?もう終わったの?」と私。「ママと一緒にもう宿題やったね。」と美香。

ここからは意識で会話してみると、宿題とはどうも母性に関するカルマのことらしい。カルマって二元性部分の、行動側が決まっている計画のこと。私は今回が最後の転生なのでカルマが多目で、こなすだけで大変でした。今その疲れを癒しているところ(笑)

母性とは母親が子供を守ろうとする動物的な性質で、無自覚なところが多い。その無自覚なDNAの自動操縦を自覚的にして、知性を持った状態で子供の存在を無条件に愛するというレベルにもて行くことが私たちのチャレンジだったようです。

どんなに小さくても子供は自分の人生を計画し実行している創造主。親の思う「良いこと」の中で生きることはできないのです。

親離れ子離れは、今後の地球の大きなテーマになるでしょう。





☆母親がやりたいことをやる

美香に意識で理由を聞くと、「だってお母さんがやりたいことをやらなきゃ子供もできないでしょ!」ですって。確かに、いろんな意味でそうなんですよね。

やりたいことって、やりがいのある仕事をやるとか、旅行に行くとか、生産性のありそうなことだけじゃないんですよね。いつも頑張っている母親なら、一人になりたいとか、だらだらなにもしないで過ごしたいとか、子供を怒鳴りたいとか、泣きたいとか、禁止していたことを解くことがまず浮かんでくるかもしれません。

子供を怒鳴ったり、家事をサボったりすることは、悪いことではありません。良いことでもありません。ニュートラルになっていろんな角度から考えて自分の中に罪悪感がなくなれば、どれほど心も身体も軽くなって子供のことがかわいく思えることか(実感! 笑)

やってみて!(笑)

☆母親が変化し続ける

小さい子供は母親の思考を読み取っています。だから、ことばで「自由にしていいよ」と言っても心の中で「それはやらないで」と思っていればそれが伝わっています。自由な子なら母親が困る「それ」をやります。そして、母親は「お前のせいで私は恥をかかされた」「邪魔された」などと思います。それも子供には丸聞こえ(笑)自由にしていいって言ったのにお前のせいだはないんじゃない?

やっかいなのは、母親はこの意識のやり取りに気づいていないこと、さらには自分自身の本音を聞かないで自分は慈悲深いと思っていること(苦笑)

どれだけこの不毛なやりとりを人間はやり続けるんだろう。
どうすればいいの?

子供は好奇心のかたまりで、なんでもやってみたくなります。やりたいことができなかったという「がまん」が、将来「こんなのできっこないよ」と幸せになることをあきらめる原因になります。だからできるだけいろんなことをやらせてあげたい。

でも、「なんでもやっていいよ」と表向き許可されても「お前のせいで寝不足になった」「邪魔された」などと大好きなお母さんに心の中で言われるのは勘弁です。だから、自分のやりたいことを我慢して「いい子」になっていきます。また「がまん」(笑)

結局、厳しそうなお母さんだろうと、やさしそうなお母さんだろうと、母親の中に「良いこと悪いこと」がなくならない限り、子供はのびのびできないのでしょうね。

なにか希望はある?

一般的に、子供は生まれてきたときは振動数が高いのですが、親のしつけや主義などによって「しなければならない」ことが発生し、振動数がだんだん落ちてきます。


娘の美香がまだおしゃべりできない頃、意識でこんな質問をしました。

「私になにか希望はある?」

回答は…

☆母親が変化し続けること。

☆母親がしたいことをすること。

☆子供に決めさせること。

☆ときどきチュッとすること。

☆いつも同じ回答をしないこと。

これって結構難しくって奥が深いんですよ~。
おかげで私も美香も振動数は上がり続けてます☆

それが欲しい!

今日はすでに悟っている方のクラス。頭で悟ったから終わりってわけではなくて、色眼鏡をとった状態で過去に閉じ込めた感情や無自覚だった行動パターンを変化させていく、いわゆる悟りを降ろしていく作業が始まります。これが結構大変なんです~。

彼女と話している間「本当に幸せになってもらいたいな~。楽になって~。」という思いがありました。彼女の中に過去の自分を観ていたからなのでしょう。私も甘えるのが下手で、がんばりすぎてたからな~。

欲しいものを素直に「それが欲しい!」って言っていいんだよ。

失敗や断られるのを怖がるのは、過去の自分。
何回断られたって、失敗したって、あなたの価値は減ったりしないんだから。

他人にはちっぽけでも自分にとっては大切なもの、どんどん与えて満たされちゃってください。

私はだれ?

「私はだれ?」っていう問いをすると、いつか悟っちゃうかもしれません(笑)

日本人、女性、○○家の長女…これは前世では違う設定だし、私の本質じゃなさそう。

中肉中背、明朗活発で世話好き、絵が上手で、めったに怒らない…これも同上。これはDNAが展開された結果で、私の今回の乗り物の性質。

じゃ、なに?

以前、本の原稿を書くために瞑想していたとき、「あなたが自分だと思っているのはそちらではない。」という説明と共に、座禅を組んでいる人と、鏡に写っているその人の映像が出てきました。つまり、私がそれまで自分だと思っていたのは実は鏡に写っている方で、私の本質ではなかったのです。まだ悟っていなかった私は、「なにそれ!私(だと思っていたの)は偽物の方だったの~」とちょっとショックを受けました(笑)

頭で悟ったあと、感情が癒されていくと共にこの本質が現れてきます。私はこれを勝手に「ヤツ」と呼んでいます(笑)

「ヤツ」については、またこんど。


くつろいでますか?

くつろいでいますか?
身体も心も頭も(笑)

くつろいだとき、あなたが本当に「したいこと」がわかります。

してはいけない、しなければならない、義務、恐れ…
くつろげない原因を取り除いて軽くなりましょっ。
その過程に「悟り」があります。

簡単に言えば、各ボディーの平均振動数がある基準以上で(軽いってこと)、
顕在意識で、完全にどんな自分でも愛せるようになるのが悟りかな。

かつては一時代に一人しか悟る人がいないこともあったけれど、今回悟ることになっている人は結構~多いようです。

特に女性は、社会的、宗教的制限がキツくてなかなか悟ることができませんでした。

やっとチャンスがきましたよ(笑)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。