スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

変化の決断ができない

会話にはいくつかの種類があります。興味をもって質問したり、道を尋ねたりするような、内容の伝達が重要な会話。それから、自分の評価をあげようとする、もしくは自分の身を守ろうとする内容の伝達より相手のリアクションを気にしながらする会話。他にもありますが、このふたつをみてみます。

自覚的にこれらを使い分けられれば問題ないのですが、自動的に後者の会話パターンになってしまうと何年も一緒にいても何一つ相手のことが分かっていなかったってことになりかねません。しかも、その事にさえ気づかないで分かったつもりでいる。日本の夫婦はほとんどこんな感じじゃないかな(笑)

これは、「気遣い」という一見美しそうな表現で誤魔化されていますが、表面的な平安を求めて対立を恐れる、すれ違いの大元です。笑顔の下に恨みつらみが~キャー(笑)

このような会話の癖は、決断の場面にも影響を与えているようです。飛躍的な変化の決断ができない人は、変化できない言い訳探しに必死で、肝心な論点をボンヤリさせる癖があるような気がします。

それほどみんな他人のことなど気にしていませんよ(笑)
スポンサーサイト

長い手綱

セミの脱け殻のイメージが…。やっと土から出てきて変身しはじめたかな、私(笑)

監視したり、規則で行動を制限しあうのは窮屈な人間関係。悟ると、相手をコントロールしなくても、完全な調和があることが概念レベルでわかります。でも、実際の行動はまだDNAに基づいているので恐れが生じるという現実を体験することになります。

子供にとっていいことなんてわかりっこないのに、これは体にいいとか、これは体に悪いとか、このぐらいの量がいいとか、美香に長い手綱を付けていました。

その手綱を振り払おうと美香はあの手この手でチャレンジしてきます。けっこう手強い(笑)

やっと手綱を手放すことができそうな感じ☆
それがセミの変身のイメージだったのでしょうか。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。