FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

感じられる幸せの限界を越える

物質の自分か、非物質の自分。たいていどちらかへのフォーカスが得意でどちらかは感じにくいと思います。物質の自分にフォーカスしている人の方が圧倒的に多いのですが、私は物質側の自分に全く馴染んでいませんでした。
そして、物質側の自分を統合したら、ライトレビューのようなものが起こりました。

晴れた日の昼間。阿佐ヶ谷の駅から家までの道をとても気分よく歩いています。元夫、弟、妹と一緒に平和な気持ちで過ごしている日々。好きな仕事を好きなぐらいやって、お金もある。あれ、こんなに満たされた生活をなぜ手放したんだっけ?すると記憶喪失のようになってその後のことが思い出せなくなりました。

その平和な風景は私のDNAの絶頂期で、それ以降はDNAの認識がすぐには追いつかなかったようです。

しばらくすると、ツインと出会ってからの場面が現れました。それは強烈な引力と彼に対する嫉妬、不安、執着に満ちたものでした。その後富士山麓での生活が現れました。そしてそのどれもが、びっくりするほど幸せに満ちていました。どの場面を見ても受け止められないほどの幸せが押し寄せてきて両鼻が詰まるほど涙が止まりませんでした。

その様子を見ていた夫は「良かったね。」と言ってニヤニヤしています。「何も言ってないのになんでわかるの?」「ツインだからだいたいわかるよ。」「私ってこんなに幸せだったんだね(驚)」「だろ〜(笑)リアルタイムで実感してくれよ(笑)」

ツインと会ってからの人生は自分のDNAを超えたチャレンジでした。毎日、一日中100本ノックみたいな(笑)
でもチャレンジしてよかった。まあ終わりはないんだろうけどね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。