スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分の問題だけに向き合えばいい

私は毎晩夢で気付きがまとめられ、翌朝その解釈が大体できます。その後何だかモヤモヤしてきて、それに関する現実レベルでの体験が起きて、解放の涙を流し、そのことはもう問題ではなくなります。今では1日でここまで出来るようになりましたが、昔は何年も同じ状況から抜け出せませんでした。

さて、昨夜は「行動の(ダミーではなく)本当のモチベーションが見える!」「怒りや悲しみなどの感情と、たまたまそれを引き起こしたかに見える人を完全に分離して見られる」という気付きでした。

自分の怒りは自分の問題、他人の怒りは他人の問題、自分の問題だけに向き合えばいい。他人は自分の問題を解くためのヒントとして表現されている。なぜ問題をときたいのかというと自分を幸せにしたいから。

私の母への怒りは過去生絡みでした。
子供の頃もっと気遣ってもらいたかった、母を気遣っているのに報われなかったなど切ない気持ちが怒りとなっていました。例え親子であろうと何ひとつしなければならないことはないのです。自分がしたいからしているだけなのです。無条件の愛とはそれをお互いに許している状態なのかもしれませんね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。