FC2ブログ

これからの悟りに興味しんしん!

昨日の夢は、感覚が強い夢でした。第四チャクラから第三チャクラを見下ろしています。第四チャクラからは第三チャクラのことは理解できません。しばらくして第三チャクラに下りると「こんな感じだったんだ〜!」と感動します。

今度は第三チャクラから第二チャクラを見下ろしています。そして第二チャクラに下りて同じように感動します。次に第一チャクラを見下ろしています。そして第一チャクラに下りてまた感動します。第一チャクラでは様子がそれまでと違ってとてもリアルでその動きも質感が感じられて素晴らしい!地球は人気があるのもわかるなぁと思いました(笑)

第四チャクラで瞑想すると、とても安心感が感じられますが、顕在意識に関係のある第三チャクラに意識が向かうと「これは良いことこれは悪いこと」と忙しく他者や自分を価値判断し始めます。この顕在意識上で「全ては良い悪いはなく、自分が創造している」ということを理解し、あるレベルまで意識の振動数を上げた状態を悟りと言うことが多いと思います。実際に最近ではこの第三チャクラで悟った人が増えてきています。

しかし、ここからが難問です。「私悟ったんです」と得意気に言っている場合ではありません。なんせ頭では良い悪いはないとわかってるのに、怒りや不満が湧いてくるのですから自己矛盾半端ない時期に入ります。でも、顕在意識でのその偏見の無さを活かして、どんな感情にも良い悪いはないということを理解して感情レベルで悟り、かつての感情を癒やしていきます。

そして、DNAレベルでの悟りと書き換えに入ります。かつてはこの段階をやるのは本当に限られた人だけでしたが、この時代多くの人がここまで取り組む事になるようですよ!
どんな感じになるのか興味しんしんです!

自分の問題だけに向き合えばいい

私は毎晩夢で気付きがまとめられ、翌朝その解釈が大体できます。その後何だかモヤモヤしてきて、それに関する現実レベルでの体験が起きて、解放の涙を流し、そのことはもう問題ではなくなります。今では1日でここまで出来るようになりましたが、昔は何年も同じ状況から抜け出せませんでした。

さて、昨夜は「行動の(ダミーではなく)本当のモチベーションが見える!」「怒りや悲しみなどの感情と、たまたまそれを引き起こしたかに見える人を完全に分離して見られる」という気付きでした。

自分の怒りは自分の問題、他人の怒りは他人の問題、自分の問題だけに向き合えばいい。他人は自分の問題を解くためのヒントとして表現されている。なぜ問題をときたいのかというと自分を幸せにしたいから。

私の母への怒りは過去生絡みでした。
子供の頃もっと気遣ってもらいたかった、母を気遣っているのに報われなかったなど切ない気持ちが怒りとなっていました。例え親子であろうと何ひとつしなければならないことはないのです。自分がしたいからしているだけなのです。無条件の愛とはそれをお互いに許している状態なのかもしれませんね。

脳の使い方で顔や性格も変わる?

私達は皆素晴らしい脳を持っているのですが、ずいぶん偏った使い方をしています。私と夫は全く脳の得意分野が違うので、その違いを活かしてお互いにひとりでは見付けられなかった盲点を見つけ解決してきました。

みんな自分の基準で世の中を「こんなもんだろう」と勝手に意味づけしているので、自分の思考と感情とDNA(親が持っている良い悪い等)を分析し、さらに自分とは違った性質の人達と相当その違いを擦り合わせてみないと、さまざまな思い込みに気づけません。ましてやニュートラルな視点を見付けるにはかなりの根気と技術が必要です。

ここ数日は、夫と脳の使い方の実践研究をしているのですが、お互いのバランスになってみるとそれぞれが言っていた「私」の感覚に「なるほど」と共感ができます。

最初は、右利きの人が左手で生活するような違和感がありましたが、二人とも両手使いに慣れてきたような。。。
こりゃ、脳の使い方で性格や顔の作りも変わってきそうですね(笑)

本当に、人間の仕組みは奥が深くてオモシロイ!!!

地球での体験で何が楽しみ?

今日は娘の7歳の誕生日!

出産間近のある日、お腹の中の彼女に「地球での体験で何が楽しみ?」と質問すると「本当はさわれないのに本当にさわっているように感じたり、味がするように感じたりするところ。」と意識で答えてくれました。「マジでそうなんだ!?」とちょっと興奮したのを覚えています。

今日朝方、眠っている彼女のエネルギーが淡いイエローゴールドに光っていたので、意識で7歳になった感想を聞いてみました。「やっとママが仕上がってきたから自分のことに取りかかれる。」「そうだね。。で何やるの?」「地球の大人は子供たちの能力を低く見すぎだから。ちょっとね。」

彼女が何をしようとしているかはわかりませんが、楽しみです〜。

体験のピースが足りない!

自己を統合すると、しなければならないこと、してはいけないことがなくなるので、しばらくは今まで自分に禁止していた側の体験をするようになるとセントジャーメインとのチャネリングでアドバイスをもらっていました。そりゃ、体験するために地球に来ているわけですからね(笑)

私は母に理解されることをずっと諦めていました。昨日久しぶりに母と電話で話しましたがなぜ自分が諦めたのか再確認しました。やっぱり今の母には無理だな〜。でも自分の思考や感情の蓋がなくなっている私は、今までの怒りがとめどなく流れます。まいったな〜、どうしようかな。

かつての私なら正しい道は何か知ろうと努力したと思いますが、今は、やり残した体験、感じきっていない感情を吐き出すことによってより自由になりたいと思う気持ちを尊重してみたくなりました。

自分は無条件に価値があると完全に思えるには、体験のピースが足りないと思いました。そんなときタイミングよく母から電話がきました。そして、流れに任せて、正直にかつ母に伝わるように私の思いを吐き出しました。母も自分では気づかないところで私がいろんなことを考えたり感じていたことに戸惑っていましたが、なんとなく私の不満に気づいてくれたような気がします。

母がどんな生き方をするのも自由です。でも、私がどんな事を望むのも同じように自由です。長年やりたくてできなかった事が少しできた自分が前よりちょっと好きになりました(笑)

エネルギーの逆回転がすごい!

普通とか超人的ってどういう現象でしょう?
誰でも火事場のバカ力を体験したことがあると思います。私ってこんなに凄かったっけ?とびっくりしたのではないでしょうか。普段は私達の各チャクラは不安や恐れで正常に機能していません。それが、何かに極度に集中したり瞑想したりすると、一時的に7つのチャクラが正常に回転します。すると、体の周りのエネルギーが通常モードからスーパーモードになり、逆回転をします。

私の父は優秀なサッカーの選手だったのですが、試合のときはこのスーパーモードになっていたようです。私も器械体操でインターハイにでたり、ピアノの舞台で評価されたりと、無自覚にこのモードを使っていたようです。それが、ヨガや瞑想をするようになって、長時間の至福を伴うスーパーモードを体験するようになっていきました。

スーパーモードになると恐れがないので物事がスムーズにいきやすくなります。ヨガを教えているときや講演しているときなどは本当に不思議な感覚でした。でもそれに慣れてくると、今度は普通モードの自分を否定してしまいます。

常時スーパーモードになるには、気をそらして恐れを振り切るのではなく、恐れそのものを根本解決する必要があります。その作業をこの8年間やってきましたが、それはキツかった。しかも一時的スーパーモードにならないようにヨガ禁止令が出ていました(笑)

やっとあの頃の感覚が戻ってきましたよ!

愛されない無力感

体を統合してまず取り戻したのは「喜怒哀楽」でした。「喜」を変化や創造の喜び、「怒」を変化や創造が上手く行かない苛立ち、「哀」をありのままの自分でいられない悲しみ、「楽」をありのままの自分でいられる心地よさとすると、私は哀楽があまり感じられていませんでした。自分のためにお菓子を買ったり他人にはくだらないと思われるかもしれないツボにハマる事を探したり、、自分らしい心地よさをほとんど重要視していませんでした。

次に、母親に愛されなかった無力感、無価値感のフィーリングにとらわれました。母親は自分のことはさておいても、とてもよく家族をサポートしてくれる良い母親でした。でも、私と同じタイプで物質側の実感があまりなくいつも心あらずっていう感じでした。子どものほっぺたをムニュってしたり、愛おしくて抱きしめたり、っていうのは全然イメージできません。私が妊娠したときも「子供が生まれたらヨガクラスを教えている間見ててね」と言うと、「小さい子供苦手だから」と真顔で断られました(笑)

私が産まれたときも妊娠9ヶ月まで働いて、2ヶ月で仕事に復帰したそうです。私は母の実家に預けられていたのですが、「私何を飲んでたの?」と聞いたら「さあ。。」もっと母親に動物的に可愛がられたかったなぁ。。。

そんな無力感が次第に和らいできて、「そっか受け身でしか考えてなかった。私が母を変化させて私に愛を感じてもらうことだって可能なんだ!」って思ったら、「自分が望めばどうにもならないことなんてないじゃん」と第一チャクラのレベルで創造主感を感じることができました。

以前、自分の実感のなさに嘆いていたとき娘が「それはママのママがそうだったからなんだよ」「えっ!?」「でもそのママもそうだったから」祖母、母、私と連鎖が続いていたんですね。私は絶対にその連鎖を止めたかった。そしてやっと達成できました!